スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境事変従軍記章

国境事変従軍記章は当時の日本で作成された物と満州で作成された物があると言われ、
確かに僅かに彫刻に違いのある2種類の物が存在します。

どちらかが複製という事ではなくどちらも当時の実物です。
素材や品質の差は見受けられません。

満州の物の方が数が少ないと言われ価値が高いとされています。
しかしその章の彫刻の差異は僅かであるので当社では大きな評価差を付けていません。
されど差異があることが分かっているため、あえて分けて注釈にどちらで作られた物か表記しています。

満州国から日本将兵へ授与された記章のため満州国の勲章記章へ分類される場合が多いですが、
多くの日本将兵が従軍記章と同様に佩用していた様子から、当社では日本の従軍記章へ分類しています。

とは言え勲章記章の配列順は定説と異なる場合が多々あり、更なる調査と考察が必要です。

コメント

非公開コメント

プロフィール

someyagunsoh

Author:someyagunsoh
代表取締役社長 染屋雅俊

1965年4月27日生
千葉県佐倉市出身

陸上自衛隊 レンジャー課程修了
慶應義塾大学文学部中退
元進学塾・予備校数学教師
教育事業コンサルタント

大叔父は海軍上等兵曹染屋雄三
横須賀第二陸戦隊所属。海軍第五根拠地隊司令部付。
昭和19年7月サイパン島にて玉砕。

青春を護国に捧げ独身のまま戦死した子孫のいない大叔父の孫として生きる。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。