スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人の知り合いから世界は狭いという話

先日インターFMで久しぶりにTHE MAD CAPSULE MARKETS(ザ・マッド・カプセル・マーケッツ)の「神歌」を聴いた。
この曲は歪んだサウンドにデジタルエフェクトという当時では新しいスタイルながら完成度が高い楽曲だ。
古典的なHM・HR好きな私がすぐに「これは良い」と素直に思った。
そして歌詞がまた良く当サイトを訪れる方々にもお勧めできる内容だ。

歌詞を書くと権利が面倒な様なので紹介できないが主たる部分は、
「日出づる国に我あり、日出づる国に神あり、日出づる国に幸あれ」
と言った内容をラップ調の早口で力強く畳み込む。
海外での評価も高いようで、今の立場から改めて感動する。

ここでようやく表題に至るのだが、このMADのボーカルKYONO君は知り合いなのだ。
と言ってももう25年くらい会っていないから向こうは覚えていないかもしれないけれど。
デビュー直前頃に私の自宅に遊びに来たことがあり、その時貸したレコードは未だに返ってきていない。
まあ今戻ってきてもアナログ盤を聴くことはできないんだけどね。
私がメタルギターを弾くこと知るとMAD(当時は別名)メンバーとジャムセッションに誘ってくれたんだけど、
当時はもうあまり弾いていなかったので私が躊躇し結局セッションすることはなかった。
今思うとろくに弾けなくてもメンバーとスタジオで写真でも撮っておけばよかったな。

そんな訳で最近KYONO君はどうしているのだろうと調べてみると、電撃ネットワークのギュウゾウ氏ととても親しいとある。

実はそのギュウゾウ氏とも私は知り合いである。
ギュウゾウ氏は私が結婚する時に連絡をしたら公演先のオーストラリアから祝電をくれたのできっと今でも覚えてくれているに違いない。
ギュウゾウ氏も彼のデビュー直前の知り合いで、電撃ネットワーク結成直前に「今度南部さんとグループを組むので根性がある奴を仲間に探しているのだがお前一緒にやらないか?」と誘われた。
ギュウゾウ氏とは書けないような馬鹿をしていた仲なのだが、彼は当時から強烈でその彼が「根性のある奴」というのは尋常ではないと直感し、レンジャー上がりの私でも思わず「自分にはそれほどの根性はないです」とお断りしました。
電撃ネットワークは多くの方が御存じとは思いますが、私はプロのサソリ喰いにならなくて良かったと思います。

そういえばKYONO君はギュウゾウ氏の自宅でサソリに衝撃を受け「サソリ」と言う曲を作詞したそうで、一歩違ったらそこで再会していたかもしれません。

3人で飯にでも行けたら面白いなと思うが2人ともイカツイので奢ったらえらいことになりそうだ。
いつかそんな2人を飯に誘えるような小金持ちになりたいものである。
その時までどうか私を覚えていて欲しい。(現状覚えている可能性がすでに微妙だが)


そして更にこの話は続く。
今回の話のきっかけとなったMADの神歌をインターFMで流したのは、MADのメンバーと交流のあるジョージ・ウイリアムス君なのだが、彼とも会って色々話をしたことがある。
その時彼にメールアドレスを聞かれたのだが面倒で連絡しなかった事がちょっと惜しまれる。

インターFMでジョージ・ウイリアムス君といえば私は毎週WTF?と言う番組を楽しみに聴いているのだが、そこでジョージ君と共演しているタロー君も電話で話をしたことがある。

私は別に元芸能人という訳ではなく、友達が沢山いる訳でもなく、
神奈川の片隅からほとんど出ることもなく静かに暮らしている。
今は人との付き合いを避け、外で酒を飲むのは年に一度の野球部の同窓会だけだ。


国際的に活躍している色々な人と私が繋がっていて、その人達が繋がりあっていることに不思議な縁を感じます。

芸能人の知り合いから世界は狭いという話でした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

someyagunsoh

Author:someyagunsoh
代表取締役社長 染屋雅俊

1965年4月27日生
千葉県佐倉市出身

陸上自衛隊 レンジャー課程修了
慶應義塾大学文学部中退
元進学塾・予備校数学教師
教育事業コンサルタント

大叔父は海軍上等兵曹染屋雄三
横須賀第二陸戦隊所属。海軍第五根拠地隊司令部付。
昭和19年7月サイパン島にて玉砕。

青春を護国に捧げ独身のまま戦死した子孫のいない大叔父の孫として生きる。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。