FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃが気に入らずママが返品

最近古くて着用できないと言ったクレームや返品が多い。
そりゃそうさ。100年前後前の歴史資料を販売しているのだから。
どうも当店をコスプレ用品屋かおもちゃ屋のように思っているようだ。
さらにひどいのは男性名で購入された商品に対しおばさんがクレームの電話を掛けてくることだ。
ネットで買ったおもちゃが気に入らずママに返品を頼むのだろう。

「納豆買ったら豆が腐ってたわよ」みたいなクレームには返す言葉が浮かばない。
英霊の遺品で戦争ごっこをしてはいけないと私は思います。
防毒面を装着して今はやりの富士山に登ろうと思ったのにゴムが硬くて覆れないから、代金全額はおろか返送料や振込手数料まで支払えという輩もいます。

洒落や遊びのために護国の血の結晶を使い捨てないでください。
それは田舎の老人たちが農業で国債を積み立て、女学生が勤労奉仕で作成し、水枯れ弾尽きても突撃し激烈な戦死を遂げた、大きな輝ける未来の可能性を秘めた若い兵士の遺品かもしれません。
そうでなくとも、どれも同様に日本人が未来の日本のために血を絞る思いで作ったものです。

これも日本軍は糞集団と教育する左翼教師の成果なのでしょう。
そう考えるととんでもない御客様も哀れな被害者なのかもしれません。
これが敗戦なのでしょう。

昨日7月7日はサイパン島の日本軍玉砕の日でした。
私は喪服を着てビクトリーショーへサイパンで戦死した大叔父の写真を持って行きました。
大叔父はどう思ったのだろうと考えた。

やさしい人だったと言われる海軍陸戦隊の大叔父。
きっと笑顔で「別に良いじゃないか」と私に話しかけるような気がした。

価値観はそれぞれだから着用禁止と言うつもりはない。
ただ大切にして欲しいだけ。
そしてママもおぼっちゃまももっと日本人らしくあって欲しい。

大叔父様、私はちょっと神経質でしょうか。

コメント

この文章を見て

 別に母親に頼んで返品したわけではありません母親が軍服の左下に無視できないような虫食いがあり、しかもページ上には何の表示がないため、それに怒って返品しただけです。   このような事実があっても返す言葉が見つかりますか?あなたのお考えになっている武士の心とは少し違っているように思えます。ご先祖様も悲しんでおられるでしょう それと人に対して「おばさん」は失礼だと思います。その辺も含めてどうお考えでしょうか自分の母親が「おばさん」といわれたらいかがでしょうか少しは人の気持ちになって考えてください。どうしても納得がいかないと言うならば、ご返答ください。

NoTitle

着用目的で軍装を集めるのはほんとよくないと思う。
せっかく残っているものなのによく着れるな、と
しかもそういう人間に限って修復とかの概念がないから本当に止めて欲しい。

賛同のコメントをありがとうございます

50代の男性から「私の母をおばさん呼ばわりするな」という内容の激しい抗議を受けました。
老婦人を安易に「おばさん」と称したことは敬意が足りなかったかもしれません。
どのような方であったとしても、その方にとっては大切な母親ですから、私の表現が不快感を与えてしまったことはこの場でお詫びを申し上げます。

しかし当事者に全く私の意見が伝わっていないことをとても残念に思いました。
特定の個人を責めるような書き方をしていないつもりですが、
自分の事だと身に覚えのある方に、私の生き方まで罵倒されました。

歴史資料を後世に伝えようとするためには、他者にそれを求める前に私自身がもっと寛容でなければいけないのかもしれません。

しかし、繰り返しになりますが、どうか少しでもご理解を頂き大切にして欲しいと願っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

someyagunsoh

Author:someyagunsoh
代表取締役社長 染屋雅俊

1965年4月27日生
千葉県佐倉市出身

陸上自衛隊 レンジャー課程修了
慶應義塾大学文学部中退
元進学塾・予備校数学教師
教育事業コンサルタント

大叔父は海軍上等兵曹染屋雄三
横須賀第二陸戦隊所属。海軍第五根拠地隊司令部付。
昭和19年7月サイパン島にて玉砕。

青春を護国に捧げ独身のまま戦死した子孫のいない大叔父の孫として生きる。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。