スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「侵略の世界史」を転換させた零戦の真実

アジア諸国の西欧諸国からの独立に零戦が大きな働きをしたという着眼に注目。
太平洋戦争と呼ぶから無謀な負け戦となるが、先の大戦が正しくは大東亜戦争であることを知らない人が多い。
太平洋戦争とはアメリカが日本との戦争に対する呼称であり、それが今も日本の教科書に書かれ続けている。
だから「日本が悪いことをして負けた戦争。今もアジアの一部の国が怒っているけど意味は良くわからない」と言う認識になる。
先の戦争は「世界大戦」であり、日本に文句を言っている国よりも多くの国が日本に感謝していることを知ると共に、教育現場で隠されていることを考えるきっかけとなれば良いと思う。

コメント

非公開コメント

プロフィール

someyagunsoh

Author:someyagunsoh
代表取締役社長 染屋雅俊

1965年4月27日生
千葉県佐倉市出身

陸上自衛隊 レンジャー課程修了
慶應義塾大学文学部中退
元進学塾・予備校数学教師
教育事業コンサルタント

大叔父は海軍上等兵曹染屋雄三
横須賀第二陸戦隊所属。海軍第五根拠地隊司令部付。
昭和19年7月サイパン島にて玉砕。

青春を護国に捧げ独身のまま戦死した子孫のいない大叔父の孫として生きる。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。