FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリドル

先日のビクトリーショーにてミリドルなる肩書きの人と会った。ミリタリーアイドルの略らしい。
今までの私が考えもしなかった営業活動を熱心に展開していた。

私は以前ろくに歌も歌えず演技もできない男性アイドルを見て、外見だけでちやほやされて多くの富を得る姿を羨ましく思っていた。
生まれ変わったら何になりたいかと問われると迷わずアイドルと答えていたものだ。

最近はアイドルも多人数ユニットが主で生き残りの厳しさが良く伝えられる。
営業戦略的なメリットは理解できるがパーツ化した各個人は大変だろう。
僅かな確率で成功したとしても誹謗中傷が多い上に日常生活の制約も多く非常にタフな仕事であると言えるだろう。ネット文化の発展に伴いその厳しさは増す一方なのではないか。
昔の私が考えていたようなぼろい仕事ではないことは間違いないだろう。

個人で活動するミリドルのようなニッチなアイドルは更なる地道な努力が必要なのだろう。
彼女の営業活動を見ていたら他の道でも成果を出せるのではと思った。
ロジックはシンプルで明確だが未知の手法。芸能界では知られた手法なのかもしれないが、コンサルタントだった私が知らない手法だから一般企業にはまだ広く浸透していないはずだ。
一般企業でそこまで営業したらさすがに大抵の物は売れるだろうと思ったが、アイドルはそこまでしても簡単には売れないようだ。

商品の販売には営業力のほかに商品力が当然重要となるわけだが、大して魅力的ではないアイドルがいれば、なぜか今一売れない魅力的な人もいるのが事実である。
やはりアイドル産業においても販売推進する営業力は無視できないということだろう。

ミリドル氏の営業手法は革新的で注目に値する。しかし多大な労力が必要で非常に厳しいということを学んだ。
いかなる業界においても経営は厳しいということだろう。
ぼろいと思っていた業界の厳しさを垣間見て気持ちが引き締まりました。

写真はミリドル氏が撮影しブログにあったビクトリーショーでの小生。
光栄です。

120902-31.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

someyagunsoh

Author:someyagunsoh
代表取締役社長 染屋雅俊

1965年4月27日生
千葉県佐倉市出身

陸上自衛隊 レンジャー課程修了
慶應義塾大学文学部中退
元進学塾・予備校数学教師
教育事業コンサルタント

大叔父は海軍上等兵曹染屋雄三
横須賀第二陸戦隊所属。海軍第五根拠地隊司令部付。
昭和19年7月サイパン島にて玉砕。

青春を護国に捧げ独身のまま戦死した子孫のいない大叔父の孫として生きる。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。